マイスリーの副作用は危険?薬に依存せずに眠れるようになる方法

マイスリーは睡眠導入剤として使用されることも多いです。睡眠が十分にとれない、寝付けないと言った症状を持つ人に処方されることも少なくありません。

また成人はもちろん、比較的高齢者でも処方されることがある薬です。そのためにマイスリーは安全なんだろうとつい思ってしまいがちですが、やはりこれも医薬品です。内服をするからには、副作用がないとはいえません。また睡眠薬特有の副作用が見られることもあることから注意が必要なのです。

マイスリーというのは、睡眠薬の中でも眠らせるという作用の強い薬です。そのために眠れないという人に対して、薬を飲むと入眠を出来るような作用を発揮します。

眠らせる作用の強い薬は、薬の効果が出現する時間が早く、反対に薬の効果が薄れる時間が早く来るということが特徴です。しかしマイスリーの場合は、多くは眠れないという人が飲むのですから、一旦薬飲んで就寝すると、途中で薬の効果が薄れてもそのまま入眠し続けることが出来るのです。

そしてマイスリーは薬の効果が薄くなる時間が早いので、朝起きた時には、あまり薬の影響がないということが多いです。しかしそれにも個人差があるのですね。

薬の分解の能力というのは、人によって異なります。そのために薬を飲んだら、なかなか分解が出来ず、いつまでも体内に残っているという体質の人もいるのです。その場合は、翌朝に起きても少し薬の影響が残っているということがあるのですね。

また夜中に一度起きてしまい、それ以降寝れないので、マイスリーを追加して飲んで寝るという人もいます。夜中に飲んでしまうと、朝までに薬の効果が消えないために、朝起きた時に、まだボーっとする、またはふらつくということもあるのです。

これらは薬の効果を翌朝まで持ち越したという副作用になり、車の運転や、日中の活動などにも影響を与えてしまうことにもなりかねません。これを防ぐためには、医師の処方通りの量と時間を守って内服をするということが大切です。

また比較的安全性の高いと言われるマイスリーですが常用すると依存性があるのでだんだん効かなくなってきてしまいます。依存性に関することも、医師に相談することが大切ですね。マイスリーを飲んでもその副作用として依存性が出てきて、効果もないということになれば、早いうちに別の薬にかえるとかそれぞれの睡眠に応じた適切な薬を飲むことが大切になるのです。

睡眠薬は一度飲んだら終わりというわけではなく、比較的継続して飲むことも多いので、正しい飲み方で副作用に注意して飲むことが大切です。